一度治療した歯は何年くらいもつ?

【不思議】歯医者で一度治療した歯は何年くらい大丈夫?

一度治療した歯は何年くらいもつ?

歯の治療を受けた患者さんからすれば治療した歯はそのまま一生健康であってほしいと思うのは当然のことです。

 

最近の歯科治療技術は飛躍的に進歩しているので、一度治療した歯は二度と虫歯にかからないと思っている方も多くいますが、残念ながらそう簡単にはいきません。

 

では、詰めたりかぶせ物をした歯は何年くらいもつのでしょうか?自費治療の高価な歯の場合は?

 

ここではそんな疑問にお答えしていきたいと思います。

 

歯はどのくらい持つのか?

 

さて、そもそも歯は毎日使うものなので、どれだけ高価な歯でもすり減ったり壊れたりすることはあります。

 

材質を考えれば保険の歯よりも自費治療の歯の方が長持ちするのは事実ですが、保険で作ったかぶせ物・詰め物でも壊れることはまずありません。

 

治療に使った材料自体は長期間おいても変化しませんが、かぶせ物や詰め物は噛み合わせや歯周病の状態によって再治療が必要になってきます。

 

歯を長持ちさせるのに大切なのは普段のお手入れや定期的なメンテナンスをしっかり継続して行うということに尽きます。

 

かぶせ物をした歯が再治療を必要になるのは一般的に6〜10年と言われています。

 

歯というのは一度治療するとそうでない歯と比べてどうしても寿命が短くなってしまいます。

 

基本的に修理した歯は再治療が必要になり、そのたびに自分の歯は少なくなっていって抜歯に一歩づつ近づいていることを忘れてはいけませんね。

 

歯の劣化は避けられない?

 

「治療をする度に歯の寿命が短くなっていくんじゃどうしようもないじゃないか」と思われた方がいるかもしれませんが、諦めるのはちょっと待ってください。

 

歯は虫歯が再発したり、歯周病にならないようにメンテナンスをするだけでも長持ちさせることは十分可能なんです。

 

当サイトで一押ししているコロコロ歯ブラシも歯を長持ちさせるためのツールとして大いに役立ちます。

 

大事なのは歯石や歯垢・口内細菌といった虫歯や歯周病の原因を取り除いてコントロールすることにあります。

 

特に、歯を支える歯周組織や噛み合わせは年齢と共に日々刻々と変化しています。若い頃は体力も元気もあるので虫歯が再発したり、歯周病を患ったりすることは少ないのですが、歯も肉体と同じく老化するので加齢と共に虫歯のリスクも増大します。

 

人によっては新たにかぶせ物をしても若い頃と比べて1/3くらいしか持たないなんてことも珍しくありません。

 

かぶせ物をしている歯の手入れで特に注意すべきなのが歯とかぶせ物の隙間のブラッシングです。隙間にプラーク(歯垢)が溜まるとそこから細菌が感染して炎症を起こし、虫歯や歯周病の原因になります。

 

 

この隙間は自分では中々見え辛いので手鏡を利用したり、定期健診などで診てもらうことでしっかりしたケアが重要です。


 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コロコロ歯ブラシ情報まとめ

関連ページ

虫歯の原因について
そもそも歯はなぜ虫歯になるのか?これは多くの人が持っている疑問だと思います。そこで、ここでは歯が虫歯になるメカニズムについて、歯の構造について説明を交えながら解説したいと思います。
虫歯の進行状況
虫歯にはその進行状況によって大小様々な呼び方があることを皆さんはご存じでしょうか。歯医者に虫歯の治療にいくと先生が何やら難しい専門用語を口にしている、という場面はよく見ますね。ここでは虫歯の進行状況について説明します。
歯の石灰化とは?
「体の傷は時間の経過と共に治るのに、虫歯だけはなんで治らないんだろう?」皆さんは小さな頃、こんな疑問を抱いたことがありませんか?一度なったら治らない虫歯ですが、実はある特定の条件を満たせば・・・・・・
本当は怖い歯周病の話
歯の健康に関する意識はここ数十年で劇的に変わってきましたが、まだまだ虫歯や歯周病に悩まされている人は後を絶ちません。そこで、ここでは歯周病についてご説明したいと思います。
歯周病の仕組み
歯周病といえば日本人の殆どが患っているとも言われている現代病で、特に中高年以上では実に9割もの人が自覚症状もなく、歯周病にかかっているというデータすらあります。しかし、実際に歯周病についてわたしたちは果たしてどれくらい理解しているか・・・と、問えばほとんどの人は正確に答えられないのもまた事実です。ここではそんな身近でありながらあまり知らない歯周病のメカニズムをご説明したいと思います。
歯槽膿漏についての話
近年の日本のでは生活習慣病をはじめとした各種病気に対して非常に熱心に取り組むようになっています。しかし、歯周病の症状の一つである歯槽膿漏には全くといっていいほど手つかずなのもまた事実。ここではそんな歯槽膿漏についてご説明したいと思います